次回展:開館 50 年記念 パリ、東京、ニューヨーク モダンアートの軌跡

2022 年 5 月 21 日(土)~7 月 3 日(日)






フィンセント・ファン・ゴッホ「サン=レミの道」1889-90年  


1972 年に開館した笠間日動美術館は、今年50 周年を迎えます。本展ではモネやルノワールによる印象派からエコール・ド・パリの寵児である藤田嗣治らを中心とするフランス絵画や、近代洋画の先駆者である高橋由一から続く日本近現代洋画、そして、アメリカンアートのスター作家であるアンディ・ウォーホルの作品などからモダンアートの軌跡を辿ります。これらの作品を通して、当館のコレクションの歩みを振り返るとともに、パリ、東京、ニューヨークを中心とした美術動向をご覧いただければ幸いです。