開館50年記念 夭折の画家たち -青春群像-

2022年10月1日(土)~12月18日(日)





松本竣介  「駅」 1942年 福島県立美術館蔵


日本近代美術を振り返ると、青木繁や関根正二、中村彝、村山槐多、佐伯祐三、岸田劉生、松本竣介など、 優れた作品を制作しながらも若くして亡くなった「夭折の画家」たちは少なくありません。彼らはその短い生涯に、 権威や形式に囚われない新たな表現を発表し、残した言葉とともに日本近代美術史にその名を刻みました。自身の内面と向き合い、 ほとばしる若さから生まれた作品は、時代を超えて現代に生きる私たちを魅了し続けています。

彼ら夭折の画家たちが活躍した明治から大正にかけては個性の尊重や自己の肯定、生命への讃美された時代でした。 本展では藤島武二など同時代を牽引した画家たちをあわせて紹介し、当時の時代背景を探ります。 なお、今年で生誕135年を迎える水戸市出身の画家 中村彝らが集った相馬愛蔵・黒光夫妻による「中村屋サロン」や、 彝がアトリエを構えた「池袋モンパルナス」に関する内容もあわせて紹介いたします。



●料金

大人1000円、65歳以上800円、大学・高校生700円、中学生500円、小学生以下は無料

(20名以上の団体は各200円割引 障害者手帳をお持ちの方、その同伴者1名は半額割引)


●休館日:毎週月曜日(但し、10月10日(月・祝)は開館。10月11日(火)は休館)


●主 催:公益財団法人 日動美術財団 笠間日動美術館

●協力:岩手県立美術館/福島県立美術館/

公益財団法人新宿未来創造財団/豊島区文化デザイン課/

北海道立三岸好太郎美術館/萬鉄五郎記念美術館/碌山美術館/ 公益財団法人江東区文化コミュニティ財団 江東区森下文化センター/ 公益財団法人 北区文化振興財団 田端文士村記念館/ TERRADA ART ASSIST 株式会社

●後 援: 茨城県/茨城県教育委員会/笠間市/笠間市教育委員会/茨城放送

茨城新聞社/朝日新聞水戸総局/産経新聞水戸支局/東京新聞水戸支局

毎日新聞社水戸支局/読売新聞水戸支局/東日本旅客鉄道株式会社水戸支社

●協賛:新安全警備保障/戸田建設株式会社/株式会社フルヤ金属/水戸ホーチキ株式会社


■会期中のイベントのご案内

●開館50年記念 館長 長谷川徳七と副館長 長谷川智恵子による対談会


10月8日(土)14時~


参加費:無料(要入館料、予約不要)


場所:企画展示館二階 中央展示室


●ギャラリートーク


10月1日(土)、11月5日(土)、12月3日(土)

各回 14 時より(30 分程度) 参加費:無料(要入館料)


場所:企画展示館



●特別講演会「魅了される大正・昭和洋画 ―天才たちの異色、波乱の生涯と芸術」


講師:岡部 昌幸氏(帝京大学文学部史学科教授・群馬県立近代美術館特別館長)


11月13日(日)14時/企画展示館2階 中央展示室




*各イベントは、新型コロナウイルス感染拡大に伴い予定が変更になる可能性がございます。予めご了承ください。