top of page

風景/村山槐多(1896-1919)



Kaita Murayama/Landscape

制作年 1915頃

画法 コンテ、紙

サイズ 48.0×64.0 ㎝


早熟で十代からシャルル・ボードレールやアルチュール・ランボーらフランスの詩人の作品を読み耽り、詩作もよくしました。上京して日本美術院の研究生として絵を学び、日本美術院賞を受賞しています。ですが、不規則な生活の中で結核性肺炎を患い、当時、流行していたスペイン風邪に命を奪われました。

村山槐多の作品は力強く、ほどばしる情熱を感じます。画家としての活動時期は五年足らずのため、作品数は多く残されていません。また所在不明の作品もあります。勢いのある筆致で描かれた「風景」は貴重で、油彩画にも匹敵する傑作といえます。


Commentaires


bottom of page